×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

年金制度〜なわたろうのホームページ〜

お金持ち 社会情勢 借金返済 節約貯蓄 不労所得 株式投資 株主優待
債券投資 リート投資 投資信託 ネット副業 不動産投資 収入実績 ビジネス
海外移住 国内旅行 海外旅行 人気商品 求人情報

年金制度が崩壊しつつある日本ですが、年金の種類、制度は最低限知っておく必要あります。その上で対策を考えるのがよいと 思っています。

 [PR]


■年金の種類
 ・公的年金:国民年金(老齢基礎年金)、厚生年金、共済年金
 ・企業年金:企業年金、確定拠出年金
 ・私的年金:財形年金など

企業年金は企業の負担が重いため、多くの企業で中止になりつつあります。代わりに確定拠出年金(401k)と呼ばれる自己責任に 基づいた年金制度が導入されています。

皆さんが一番関心があるのは、やはり、国民年金かと思います。

まず、保険料ですが、1980年には3770円だった保険料が2011年では1万5020円になっています。このまま上がると予測されて います。

次に受給額ですが、40年間納付した人で、満額は年788,900円になります。月に換算すると、6万5741円です。今もらえる人で この額です。これは減少傾向のため、月5万円まで下がると言われています。

次に支給年齢ですが、男子は昭和36年4月2日生まれから、女子は昭和41年4月2日生まれより65歳からのみ支給となり ます。

保険料が上がり、支給額が減る、そして、支給年齢が上がる、これが今の年金制度なのです。

>>社会情勢へ

>>日記へ

>>トップへ戻る
Copyright@2011〜 by Nawataro All Rights Reserved.